1998年春の出来事です。変わったミニに乗ってみたかったので、手元に置きました。

これから、MkTでしか体験できない秘話、現行のミニと違う点など、
他の『ミニ乗り』に楽しんでもらえるように
話題を提供していこうと思っとりますのでよろしく。


フロント 斜め













車検証?

やったー!。トラヴェラーが来た!


 実は、以前に『'89式 ミニ1000cc』に6年ほど乗っていたのですが、買ったときから修理修理の日々で、とうとうエンジン内部が擦り切れるまで乗ってしまいました。オーバーホールしようかなと考えていたのだが、オーバーホールしても耐久性が保証されない様な状態で「これじゃーいかん。」と、替えた方が良いのでは…と思うようになり、「どうせ替えるなら珍しいミニにしてしまえ!!。」と言う事で…こんなん買いました。
 【1964年式 モーリス ミニ マイナー トラヴェラー MkT】 フラットルーフ。発注して約5ヶ月、現物を見ることなく、(色はAAカラーで指定し、写真が届いた。)船に乗って日本にくるのを只待つだけの日々であった。 '98年3月の出来事でした。
 完全な当時のままのMkTであり、綺麗な状態のボディであった。この頃は、ほんとにドノーマルで、何もいじってはいなかった。(タイヤとホイールは古すぎて使い物にならなかったので、即交換。エンジンは1271ccに載せ替えてある。ミッションは、1000cc時代に“5速”を入れていたのでそのまま移植している。)
 木枠なしのオール・スティールモデル。木枠があると手入れするのに非常に苦労すると予測がついた為、英国内をあちこち探していただいた。感謝!感謝!。

当時の英国の
車検証みたいなものが付属。
レア物ではないかと、
ちょっいと自慢。


 横文字ばかりでほとんど読めないが、初めのオーナーは、[CHARLES LANGHAN]なる人物。それから数えると私は3代目のオーナーとなる。1964年から1972年までの記録が記されている。当時のボディカラーは赤色で、当然848ccである。

以前の1000ccです。
             派手でんなー。


運転席

うーん。
何にも無いダッシュパネル


 現行型と違い、メーターがぽん、ぽん、ぽん、と付いているのみでがら―んとしている。スイッチ類もワイパー,ヘッドランプ,ぐらいしか目立ったものは無い。実は、このメ―ターが曲者で、フュ―エルゲージとスピードメーター&トリップメーターが動かなかった。そう、しばらくは水温計&油圧計のみで走行していた。原因は裏側になければならないセンターメータには不可欠な、ボルテージ・スタビライザーが無かった為に動かなかったのである。(現在はこの面影が無く、メ―ターが増えている。画像は後ほど...。)
 ハンドルがめちゃくちゃでかい。まわしやすいが動作が大きくなる。(緊急回避がつらいのだが…でも、MkTだなぁ。)
 全てがMkTなので単純明解。ミニ以外の現代車に乗っていると、ドアすら開ける事が出来ないだろう。(実際にナビシートに友人を乗せ、あれこれ説明をしていると、ふーん、ほー、へぇー、と驚く事が多く、なかなか気分が良い。なーにがフル装備だ!?そんなもの必要無い!!…と、思う。たぶん、いらないだろうなぁー あったら快適だろうなぁー...アレ!?。)
 シートはほぼ直角で、座りごこちはふわふわしてなかなか良い。車のシートと言うよりクッションのある椅子という感じ。(なんか豪華だぞ。)
NEXT

MkT&MkU,バン&エステートのオーナーさん
おもしろ体験談などを待ってまーす。


メニューリスト
MINI mini
にしやん TOP
What’s
New!
小さい 名車
MINI
セブカクラブ
TOP
黄色い
トラヴェラー
トラ作
不定期新聞
VPPの
デン助さん
Cooさんの
独り言…
4匹の猫族 LINK 集 掲示板

 リンクしていただける方、使ってください。
URL 【 http://www.sevecaclub-nishiyan.com/ 】

mail
 
 個人→  m733csu@aol.com
M.O.C→ sevecaclub@aol.com